メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

「美しさ」を生み出す判定=小川佳実

 5月のJ1リーグ戦で、直接得点に関わる誤った判定が複数あったことは残念だった。私は今、試合の中で審判員はどういった立場であるべきか、審判員の判定はどうあるべきかを考えさせられている。

 サッカー競技規則の理念と精神について、サッカーの競技規則を決める国際サッカー評議会(IFAB)は、「美しいサッカー」の美しさにとって重要な基盤は公平、公正さとしている。そして、競技者同士、審判、競技規則がリスペクトされ、審判がほとんど登場することのない試合を「最高」と明記している。

 また、サッカーの判定は最終的には主審に委ねられ、結果的に間違っていたとしても、リスペクトされるべき…

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです