メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鏑木清方

3部作、44年ぶり 「幻の名作」情緒豊か 東京国立近代美術館

 東京国立近代美術館(東京都千代田区)は24日、情緒豊かな女性画で知られた鏑木清方(かぶらききよかた)(1878~1972年)の「築地明石町」を新たに収蔵したと発表した=1面に写真。個人が所蔵していた作品は40年以上、展覧会などで公開されず、「幻の名作」とされていた。同館の鶴見香織主任研究員は「清方が画技のすべてをささげた『近代の見返り美人』」と話…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. ことば AYA世代

  4. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです