メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鏑木清方

3部作、44年ぶり 「幻の名作」情緒豊か 東京国立近代美術館

 東京国立近代美術館(東京都千代田区)は24日、情緒豊かな女性画で知られた鏑木清方(かぶらききよかた)(1878~1972年)の「築地明石町」を新たに収蔵したと発表した=1面に写真。個人が所蔵していた作品は40年以上、展覧会などで公開されず、「幻の名作」とされていた。同館の鶴見香織主任研究員は「清方が画技のすべてをささげた『近代の見返り美人』」と話…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. ORICON NEWS いらすとや、2月からサイトを不定期更新に 9年間「毎日サイトを更新」に労いの声

  3. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  4. コロナ感染した遺体が増加 変死など警察取り扱い数、12月上回る

  5. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです