メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩手県立博物館

文化財無断切り取り 預かり文化財4倍2200点 博物館ずさん説明 毎日新聞調査

 岩手県立博物館(盛岡市)の学芸員が無断で文化財を切り取った問題で、同館が2001~14年度の間に劣化を防ぐ保存処理のために預かった金属製の文化財が少なくとも2200点あり、同館が説明した約4倍に上ることが判明した。毎日新聞が文化財を預けた各自治体に尋ねて集計した。いずれも自治体側が切り取りを了承しておらず、無断で切り取られた文化財が拡大する可能性が出てきた。【藤井朋子、日向米華、小鍜冶孝志】

 同館は文化財を長持ちさせる特殊な保存処理のほか、一部を切り取る場合もある「分析」を依頼されたものを含め、自治体などから預かった点数を約560点と説明していた。

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1147文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. NHK、大河と朝ドラの収録を一時休止 撮影現場で安全対策限界

  3. 特集ワイド 政府・与野党連絡協議会の次は 国難コロナで大連立機運? 対応専念で一時休戦/森友など覆い隠される

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 例外いろいろ「屋内禁煙」 罰則も効き目は未知数 改正健康増進法全面施行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです