メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩手県立博物館

文化財無断切り取り 預かり文化財4倍2200点 博物館ずさん説明 毎日新聞調査

 岩手県立博物館(盛岡市)の学芸員が無断で文化財を切り取った問題で、同館が2001~14年度の間に劣化を防ぐ保存処理のために預かった金属製の文化財が少なくとも2200点あり、同館が説明した約4倍に上ることが判明した。毎日新聞が文化財を預けた各自治体に尋ねて集計した。いずれも自治体側が切り取りを了承しておらず、無断で切り取られた文化財が拡大する可能性が出てきた。【藤井朋子、日向米華、小鍜冶孝志】

 同館は文化財を長持ちさせる特殊な保存処理のほか、一部を切り取る場合もある「分析」を依頼されたものを…

この記事は有料記事です。

残り899文字(全文1147文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです