メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦いの構図

参院選2019 三重 野党共闘、求心力カギ 自民、「どぶ板」で対抗

 「3年前と同じような構図でありがたい。気を引き締めて選挙に取り組みたい」。13日に津市で行われた三重選挙区(改選数1)の野党協力に関する調印式。旧民進系の地域政党「三重民主連合(三民連)」が擁立し、野党統一候補に決まった無所属新人の芳野正英氏が決意を口にした。

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文883文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです