メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画興行成績

「アラジン」がV3 「ザ・ファブル」は2位、「X-MEN」最新作は3位発進

映画「アラジン」のビジュアル (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

[PR]

 6月24日に発表された22、23日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、日本で1993年公開のディズニー人気アニメーション映画を実写化した「アラジン」(ガイ・リッチー監督)が3週連続で首位を獲得した。土日2日間で約69万1000人を動員し、興行収入は約9億9600万円を記録。累計では、動員385万人、興収55億円を突破している。

 初登場作品では、南勝久さんの人気マンガを「V6」の岡田准一さん主演で映画化した「ザ・ファブル」(江口カン監督)が、土日2日間で約22万9000人を動員し、興行収入は約3億1000万円をあげて、2位にランクイン。21日の公開初日から3日間の累計では、動員30万人、興行収入4億円に届く勢いの好スタートを切っている。続く3位には、米マーベル・コミックの人気マンガが原作の映画「X-MEN」シリーズの最新作「X-MEN:ダーク・フェニックス」(サイモン・キンバーグ監督)が登場。土日2日間で動員約9万5000人、興行収入は約1億3200万円。ほかにも、鬼才・湯浅政明監督の新作劇場版アニメ「きみと、波にのれたら」が9位に初登場した。

 累計では、今回4位の「メン・イン・ブラック(MIB)」シリーズの最新作「メン・イン・ブラック:インターナショナル」(F・ゲイリー・グレイ監督)が動員50万人、興行収入7億円間近となっている。5位の「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」(マイケル・ドハティ監督)は動員169万人、興行収入24億円、6位の「コンフィデンスマンJP」(田中亮監督)は動員205万人、興行収入26億円をそれぞれ突破した。

 1位 アラジン

 2位 ザ・ファブル

 3位 X-MEN:ダーク・フェニックス

 4位 メン・イン・ブラック:インターナショナル

 5位 ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

 6位 コンフィデンスマンJP

 7位 劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム

 8位 ガールズ&パンツァー 最終章 第2話

 9位 きみと、波にのれたら

 10位 青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  2. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  3. 薬で鼓膜再生、保険適用 大阪の病院、来月にも治療開始

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. ガンダムとシャア専用ザクを九谷焼の皿に 「ど真ん中世代」職人が描く 越前漆器のボトルも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです