メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外コービー・ブライアント氏墜落死 元NBAスター

「議員ウォッチ」から見える国会議員の実態 運営者「非常に貧弱」

国会議員も参加した討論集会「核兵器禁止条約と日本の役割」で報告する国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長(中央)。その右は運営委員の川崎哲さん=衆院第1議員会館で2018年1月16日、川田雅浩撮影

 全国会議員に核兵器禁止条約への賛否を問い、回答を「見える化」するサイト「議員ウォッチ」が開設されている。仕掛け人は、同条約の採択に尽力し、ノーベル平和賞を受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の運営委員、川崎哲さん(50)や大学院生。若い世代には「分かりやすい」と好評だが、川崎さんは渋い顔だ。なぜだろうか。【牧野宏美/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2257文字(全文2442文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  3. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

  4. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです