「議員ウォッチ」から見える国会議員の実態 運営者「非常に貧弱」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国会議員も参加した討論集会「核兵器禁止条約と日本の役割」で報告する国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長(中央)。その右は運営委員の川崎哲さん=衆院第1議員会館で2018年1月16日、川田雅浩撮影
国会議員も参加した討論集会「核兵器禁止条約と日本の役割」で報告する国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長(中央)。その右は運営委員の川崎哲さん=衆院第1議員会館で2018年1月16日、川田雅浩撮影

 全国会議員に核兵器禁止条約への賛否を問い、回答を「見える化」するサイト「議員ウォッチ」が開設されている。仕掛け人は、同条約の採択に尽力し、ノーベル平和賞を受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の運営委員、川崎哲さん(50)や大学院生。若い世代には「分かりやすい」と好評だが、川崎さんは渋い顔だ。なぜだろうか。【牧野宏美/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2257文字(全文2442文字)

あわせて読みたい

注目の特集