メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦争発言の丸山衆院議員 1カ月ぶり登院「ぶれずにしっかり仕事していく」

衆院本会議で内閣不信任決議案の採決があり、記名投票する丸山穂高氏=国会内で2019年6月25日午後3時27分、川田雅浩撮影

 北方領土を戦争で奪還する趣旨の発言などをした丸山穂高衆院議員(35)=大阪19区=が25日、約1カ月ぶりに国会に姿を現し、内閣不信任案を否決した同日の衆院本会議に出席した。衆院では6日に丸山氏への糾弾決議を全会一致で可決しているが、丸山氏は本会議後、記者団に「ぶれずにしっかり仕事をしていくことで任期を全うしたい」と述べ、辞職しない考えを改めて強調した。

 丸山氏は5月に「2カ月の休養が必要」とする医師の診断書を衆院に提出し休養を続けていた。「体調が万全というわけではないが、非常に重要な採決なので、投票すべきだということで登院した」という。不信任決議案について「野党は出すか出さないか最後までぶれぶれだった」と批判し、本会議で反対票を投じた。

 丸山氏は、自身への糾弾決議について「北方領土を70年以上不法に占拠しているロシアに対して出すなら分かるが、私自身に出されることに対しては非常に遺憾だ」と改めて表明。「島民の皆さんに配慮を欠いていたことなどは謝罪してきた。ただ、いろんな議論は当然、あってしかるべきだ」と強調したうえで、「(武力で領土を取り戻す考えは)議論の一つであり、私自身はそう思わない。交渉で返ってくることは喜ばしいことだ」と述べた。【浜中慎哉】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「そう感じさせたのは自分がだめ」 吉本社長、圧力発言事実上認める
  4. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」
  5. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです