戦争発言の丸山衆院議員 1カ月ぶり登院「ぶれずにしっかり仕事していく」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院本会議で内閣不信任決議案の採決があり、記名投票する丸山穂高氏=国会内で2019年6月25日午後3時27分、川田雅浩撮影
衆院本会議で内閣不信任決議案の採決があり、記名投票する丸山穂高氏=国会内で2019年6月25日午後3時27分、川田雅浩撮影

 北方領土を戦争で奪還する趣旨の発言などをした丸山穂高衆院議員(35)=大阪19区=が25日、約1カ月ぶりに国会に姿を現し、内閣不信任案を否決した同日の衆院本会議に出席した。衆院では6日に丸山氏への糾弾決議を全会一致で可決しているが、丸山氏は本会議後、記者団に「ぶれずにしっかり仕事をしていくことで任期を全うしたい」と述べ、辞職しない考えを改めて強調した。

 丸山氏は5月に「2カ月の休養が必要」とする医師の診断書を衆院に提出し休養を続けていた。「体調が万全というわけではないが、非常に重要な採決なので、投票すべきだということで登院した」という。不信任決議案について「野党は出すか出さないか最後までぶれぶれだった」と批判し、本会議で反対票を投じた。

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文532文字)

あわせて読みたい

注目の特集