メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「脅す相手と話せない」 イラン猛反発 撤回要求 米の最高指導者制裁で

非公開会合に合わせて記者会見するイランのラバンチ国連大使=米ニューヨークで24日、隅俊之撮影

 トランプ米大統領は24日、イラン最高指導者のハメネイ師らを対象にイランに対する新たな経済制裁を科す大統領令に署名した。これに対し、イランは米国との対話を拒否する姿勢を鮮明にし、反発を強めている。

 トランプ氏はホワイトハウスで記者団に、米軍無人偵察機撃墜やホルムズ海峡付近でのタンカー攻撃などに触れ、「敵対的な行動の最終的な責任は最高指導者にある」と指摘した。

 イランのラバンチ国連大使は同日、ニューヨークの国連本部で記者会見し、追加制裁を「イラン国民とその指導者に対する米国の変わらぬ敵意を示している」と批判。「脅す相手と対話を始めることはできない」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文953文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  2. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです