メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉・市原市が「チバニアン」問題で条例案 「調査研究のための立ち入り」求め

「チバニアン」の根拠となる養老川沿いの地磁気逆転地層(右)=千葉県市原市田淵で2019年6月1日、池田知広撮影

 千葉県市原市田淵の養老川流域の地層を根拠に地球史の一時代を「チバニアン(ラテン語で千葉時代)」とすることを巡り、反対する研究者が土地の一部に貸借権を設定したことに対し、同市は24日、調査研究のために立ち入ることができるようにする条例案を発表した。茨城大などの研究チームは国際学会の3次審査に向けて9月に「チバニアン」を申請する必要があり、市はパブリックコメントを募集し、9月議会に条例案を提出する。

 市によると、条例案は、地磁気逆転を示す地層の調査研究を促進するため、田淵地区の地権者らに対し、同地区への立ち入りを妨害してはならないと定めている。その上で、正当な理由なく立ち入りを拒否した場合は、5万円以下の過料を科す罰則規定を設ける。

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです