メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

千葉・市原市が「チバニアン」問題で条例案 「調査研究のための立ち入り」求め

「チバニアン」の根拠となる養老川沿いの地磁気逆転地層(右)=千葉県市原市田淵で2019年6月1日、池田知広撮影

 千葉県市原市田淵の養老川流域の地層を根拠に地球史の一時代を「チバニアン(ラテン語で千葉時代)」とすることを巡り、反対する研究者が土地の一部に貸借権を設定したことに対し、同市は24日、調査研究のために立ち入ることができるようにする条例案を発表した。茨城大などの研究チームは国際学会の3次審査に向けて9月に「チバニアン」を申請する必要があり、市はパブリックコメントを募集し、9月議会に条例案を提出する。

 市によると、条例案は、地磁気逆転を示す地層の調査研究を促進するため、田淵地区の地権者らに対し、同地…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文577文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. ガソリン詰め替え「法的規制難しい」 京都市、身元確認の効果検証 京アニ放火

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです