メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「不完全な放送、申し訳ない」MBSが差し替えミス謝罪

宮迫博之さん

 お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんら吉本興業所属芸人11人が謹慎処分を受けた問題で、毎日放送(MBS、大阪市)は25日、24日深夜の番組差し替えを巡り「放送すべきでない別の回が一部放送される事故が起きた」と発表し、「視聴者の皆さまにご迷惑をかけ深くおわびする」と謝罪した。

 MBSによると、24日深夜に放送を予定していたトークバラエティー「痛快!明石家電視台」に宮迫さんが出演していたため、同日午後、再放送の回への差し替えを公表。しかし、番組が始まると、当初予定の通り宮迫さんが出演する女性下着をテーマにした内容が流れた。不具合に気付いた社員が手動で放送すべき内容に切り替えたが、開始から5分39秒間、差し替え前の番組が流れ、差し替え後の番組は途中からの放送になった。

 MBSは「システムの不具合によりデータの切り替えが正常に作動していなかった」として、「視聴者に高い関心を寄せていただいている中、不完全な放送になり誠に申し訳ない。このような事故を二度と起こさないように努める」とコメントした。【倉田陶子】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです