児童1人にPC1台、学習履歴のビッグデータ活用 文科省、25年度までに

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
文部科学省=東京都千代田区で長谷川直亮撮影
文部科学省=東京都千代田区で長谷川直亮撮影

 文部科学省は25日、公立小中学校・高校などの先端技術活用推進方策を公表した。2025年度までに、「児童生徒1人に1台の学習用パソコン(端末)」の整備を目指すほか、試験結果などの学習履歴を蓄積したビッグデータを活用して効果的な学習や指導につなげる方針などを盛り込んだ。

 文科省によると、全国の公立小中学校・高校の学習用端末の整備の状況は18年3月時点で5.6人に1台。「インターネットで大量のデータをやり取りする時代を迎え、端末は『あったほうがよい』でなく『なくてはならない』存在になった」として、現状を「危機的な状況」と指摘した。端末を「文房具と同様に教育現場に不可欠」な教材と位置づけ、「1人1台…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文750文字)

あわせて読みたい

注目の特集