メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

視覚障害者「頭の中の地図」描き直す日々 ストレス多い避難生活 西日本豪雨 

屋根まで浸水した真備町地区の自宅を取り壊す時に撮った山崎克枝さん一家の「記念写真」。長男(右)は2019年春、関東の大学に無事進学した=岡山県倉敷市で18年7月、山崎さん提供

 視覚障害のある山崎克枝さん(48)は、昨年7月の西日本豪雨で、岡山県倉敷市真備町地区の自宅が水にのみ込まれ、約1カ月間、避難所となった小学校の理科室で生活した。トイレなどの場所の把握が難しく、強いストレスにさらされたという。「視覚障害者にとって生活環境の変化がいかに大変か、理解してほしい」と訴える。

 「道筋を覚えたから、バス停までは1人で歩けるようになりました」。水田が点在する住宅街で、白いつえを…

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文953文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです