メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

視覚障害者「頭の中の地図」描き直す日々 ストレス多い避難生活 西日本豪雨 

屋根まで浸水した真備町地区の自宅を取り壊す時に撮った山崎克枝さん一家の「記念写真」。長男(右)は2019年春、関東の大学に無事進学した=岡山県倉敷市で18年7月、山崎さん提供

 視覚障害のある山崎克枝さん(48)は、昨年7月の西日本豪雨で、岡山県倉敷市真備町地区の自宅が水にのみ込まれ、約1カ月間、避難所となった小学校の理科室で生活した。トイレなどの場所の把握が難しく、強いストレスにさらされたという。「視覚障害者にとって生活環境の変化がいかに大変か、理解してほしい」と訴える。

 「道筋を覚えたから、バス停までは1人で歩けるようになりました」。水田が点在する住宅街で、白いつえを…

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文953文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. 参院選、投票率前回下回る9.7% 午前11時現在
  4. 参院選投票日にあたっての各党の声明 全文
  5. 吉本・岡本社長 22日に会見 宮迫さんらの会見受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです