メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

7年連続 レッサーパンダに赤ちゃん 静岡・日本平動物園

静岡市立日本平動物園で生まれたレッサーパンダの赤ちゃん=同園提供

 静岡市立日本平動物園(同市駿河区)で今月、レッサーパンダのホーマー(雌、7歳)とガオガオ(雄、3歳)の間に赤ちゃんが生まれた。同園でのレッサーパンダの繁殖成功は7年連続となる。赤ちゃんは順調に成長すれば9月ごろに一般公開されるという。

 2日に双子で生まれたが、もう1頭は生後5日ほどで死んだ。赤ちゃんの性別は不明で、体長は17日現在、頭からしっぽの先まで約27.5センチ。体重は約320グラム。生後2~3カ月は母親と巣箱の中で過ごし、その後、少しずつ外に出て行くようになるという。

 2016年に米・コロンバス動物園から来園したホーマーの出産は2年ぶり3回目で、17年に旭山動物園(北海道)から来たガオガオにとっては初めての子どもとなる。

 日本平動物園はレッサーパンダの種別計画管理者に指定されており、担当者は「絶滅危惧種に指定されているレッサーパンダの安定的な繁殖と飼育技術を確立させることで、全国の動物園と情報共有ができる。今後も繁殖が続けられるよう努力したい」としている。【高場悠】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです