メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

御嶽山山頂立ち入り規制を緩和 7月1日から10月16日まで入山可能に

 2014年9月に噴火災害が起きた御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)山頂への登山者の立ち入りについて、ふもとの長野県木曽町は25日、7月1日から10月16日まで規制を緩和し、入山を許可すると発表した。

 昨年は9月26日から13日間、火口1キロ圏内の立ち入り規制を緩和し、噴火災害後初めて遺族や…

この記事は有料記事です。

残り93文字(全文243文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです