メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「子どもが普通の幸せ」の残酷な圧力 相次ぐ政治家の「産め」発言で傷

女性の出産に関する発言について記者団に問われる桜田義孝・前五輪担当相(中央)=国会内で2019年5月30日午後1時15分、川田雅浩撮影

 失言ではなく、本音だろう。「最低3人は産んでいただきたい」。桜田義孝前五輪担当相が5月末、政治パーティーのあいさつでこう述べた。さらに河村建夫元官房長官から「気持ちはわかる」と擁護論も飛び出した。デリカシーのなさにあきれるばかりだが、そもそも社会に「女性は子どもを産んで当然」という固定観念が根強いのではないか。その重圧に多くの女性が苦しんでいる。【江畑佳明/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2822文字(全文3016文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです