メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「子どもが普通の幸せ」の残酷な圧力 相次ぐ政治家の「産め」発言で傷

女性の出産に関する発言について記者団に問われる桜田義孝・前五輪担当相(中央)=国会内で2019年5月30日午後1時15分、川田雅浩撮影

 失言ではなく、本音だろう。「最低3人は産んでいただきたい」。桜田義孝前五輪担当相が5月末、政治パーティーのあいさつでこう述べた。さらに河村建夫元官房長官から「気持ちはわかる」と擁護論も飛び出した。デリカシーのなさにあきれるばかりだが、そもそも社会に「女性は子どもを産んで当然」という固定観念が根強いのではないか。その重圧に多くの女性が苦しんでいる。【江畑佳明/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2822文字(全文3016文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  2. フィギュアスケート NHK杯 高橋、34歳の新世界 アイスダンス初公式戦 「上出来」の2位発進

  3. 視聴室 十三人の刺客

  4. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  5. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです