「子どもが普通の幸せ」の残酷な圧力 相次ぐ政治家の「産め」発言で傷

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女性の出産に関する発言について記者団に問われる桜田義孝・前五輪担当相(中央)=国会内で2019年5月30日午後1時15分、川田雅浩撮影
女性の出産に関する発言について記者団に問われる桜田義孝・前五輪担当相(中央)=国会内で2019年5月30日午後1時15分、川田雅浩撮影

 失言ではなく、本音だろう。「最低3人は産んでいただきたい」。桜田義孝前五輪担当相が5月末、政治パーティーのあいさつでこう述べた。さらに河村建夫元官房長官から「気持ちはわかる」と擁護論も飛び出した。デリカシーのなさにあきれるばかりだが、そもそも社会に「女性は子どもを産んで当然」という固定観念が根強いのではないか。その重圧に多くの女性が苦しんでいる。【江畑佳明/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2822文字(全文3016文字)

あわせて読みたい

注目の特集