メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和牛受精卵密輸 焼き肉店経営者ら2人に有罪判決 大阪地裁「常習的な犯行」

 和牛の受精卵と精液を中国へ不正に持ち出したとして、家畜伝染病予防法違反などの罪に問われた男2人の判決が25日、大阪地裁であった。松田道別裁判長は「不正輸出を繰り返した常習的な犯行」と指摘。焼き肉店経営の前田裕介被告(51)=大阪市=に懲役2年・執行猶予3年(求刑・懲役2年6月)、無職の小倉利紀被告(64)=同=に懲役1年2月・執行猶予3年(同・懲役1年6月)を言い渡した。

 判決は、牛肉の輸出も手掛ける前田被告が、中国人実業家らに不正輸出を依頼され、商機につながると考えて…

この記事は有料記事です。

残り991文字(全文1229文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 駐日アフガン大使、涙声で「アフガンの偉大な友人で英雄です」 中村哲医師のお別れ会に5000人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです