メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「重大な不正」 学会が非難声明 文化財無断切り取り 「規範厳守を」

自治体から預かった文化財を無断で切り取った問題が発覚した岩手県立博物館=盛岡市上田で2019年6月4日、鹿糠亜裕美撮影

 岩手県立博物館(盛岡市)の学芸員が無断で文化財を切り取った問題で、文化財の保存や調査などに携わる研究者らで作る「日本文化財科学会」は24日、所有者の承諾を得ない切り取りについて「社会や所有者に対して信頼を欠く重大な不正行為」と非難する声明文をホームページ上に掲載した。

 声明文は「文化財の科学調査に伴う手続きの重要性について」と題し、京都大名誉教授の泉拓良会長名で発表された。文化財の材質や年代を調べる科学調査は、文化財…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 平尾誠二さん死去 800人が感謝 山中所長「治せなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです