メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・飯盛城跡に450年以上前の石垣 先駆けとされる信長より3年早く

曲輪を取り巻く石垣=大阪府大東市の飯盛城跡で(大東市教委提供)

 織田信長に先駆けて畿内を制した戦国大名、三好長慶(ながよし)(1522~64)が居城とした飯盛(いいもり)城(大阪府大東市、四條畷市)の跡で、1560年ごろに建設された50カ所の石垣が見つかり、大東市教委が25日発表した。市教委は「城全体に石垣を導入しようとしていたことが確認できた」としている。

 城郭史では、城全体に石垣を施し始めたのは信長とされてきたが、飯盛城の石垣は信長が最初に石垣を導入した小牧山城(1563年築城、愛知県)より3年早い。専門家は、長慶が先駆けだった可能性を指摘している。

 飯盛城は大阪平野の東端にある飯盛山(314メートル)に築かれた戦国時代の山城。山頂と尾根筋の東西400メートル、南北700メートルにわたって102カ所の曲輪(くるわ)や土塁、堀切などが残る。有力大名の細川氏や足利将軍家を追放し、中央の実権を握った長慶が、1560年から亡くなるまでの4年間、居城とした。

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文920文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  4. 新型コロナ 大阪府、初の「赤信号」 重症病床切迫、外出自粛要請へ

  5. クローズアップ 「脱ガソリン」政府号令 30年代半ば、従来車禁止 「脱HV」の土俵乗らず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです