メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍横田基地、燃料など流出134件 外務省に通報は3件 内部資料で判明

米国側への情報公開請求で開示された約800枚の内部資料=東京都千代田区で2019年6月21日午後3時2分、内藤絵美撮影

 在日米軍司令部がある米軍横田基地(東京都福生市など)で、2010~17年に航空機のジェット燃料が流出するなどした事故が少なくとも134件起きていたことが毎日新聞が入手した米軍の内部資料から判明した。このうち外務省に通報があったのは3件しかなかった。日米両政府は環境事故について情報共有の基準作りを進めてきたものの、依然として基地内で起きた事故のほとんどを日本側が知ることができない実態が浮き彫りになった。米軍側は流出の大部分はすぐに除去され、人への脅威はないとしている。【川上珠実】

 米国の情報公開制度を使って入手した横田基地の資料を調べたところ、12年2月にタンクからディーゼル燃…

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1221文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです