メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豪雨もたらす「線状降水帯」の発生予測を 防災科研などが実証実験

線状降水帯ができるプロセス

 防災科学技術研究所と日本気象協会が、2017年7月の九州北部豪雨で被災した福岡県朝倉市など九州9自治体で、大雨をもたらす「線状降水帯」の発生予測を伝える初の実証実験を進めている。防災科研などは、実験で発生予測の技術を確立し、全国の自治体が活用できるように情報提供の仕組みづくりを進めたいとしている。

 線状降水帯とは、複数の積乱雲が数十キロ以上にわたって帯状に連なる気象現象で、数時間にわたりほぼ同じ場所に停滞して猛烈な雨を降らせる。九州北部豪雨や、広島、岡山、愛媛などで死者が計200人を超えた昨年7月の西日本豪雨などで発生している。

 気象庁気象研究所が1995~2009年の豪雨を解析したところ、台風に直接影響しない集中豪雨261事…

この記事は有料記事です。

残り1027文字(全文1345文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  5. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです