メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍燃料流出、情報提供要請も受け入れられず 住民不安、政府仲介を

米国側への情報公開請求で開示された約800枚の内部資料=東京都千代田区で2019年6月21日午後3時2分、内藤絵美撮影

 米軍基地内で起きたジェット燃料などの流出事故のほとんどを日本政府が把握できていない実態が毎日新聞の取材で明らかになった。地元自治体は情報をすぐに提供するよう米軍に要請してきたが、受け入れられていなかったという事実は重い。このままでは、今後も地元の要請がかなえられることはないだろう。

 通報を受けた2017年3月の燃料流出事故について、東京都と横田基地周辺の6市町でつくる連絡協議会は「火災等の災害は発生しなかったもの…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号、24~25日に東日本から東北に接近の恐れ 土砂災害など警戒を

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 歌手の守屋浩さん死去 81歳 「僕は泣いちっち」「大学かぞえうた」

  5. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです