メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国に延長サヨナラ勝ち ソフト女子 繊細、大胆に全開・先発藤田

【日本-米国】三回表米国1死満塁のピンチを併殺打で切り抜け笑顔を見せる先発の藤田倭=東京ドームで2019年6月25日、梅村直承撮影

 ソフトボール女子の日米対抗戦は25日、東京ドームで最終の第3戦が行われ、日本は1―0で米国に延長サヨナラ勝ちし、2勝1敗で大会を終えた。

 日本は先発の藤田(太陽誘電)が8回完封の好投。無死二塁で始まるタイブレークとなった延長八回に森(ビックカメラ高崎)が決勝の適時打を放った。

もう1本の柱が成長

 上野(ビックカメラ高崎)に次ぐ、もう1本の柱が太くたくましく育ってきた。今大会初登板となった日本の藤田が、8回を被安打2、…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 郵政副社長 NHKのかんぽ問題取材は「放送倫理違反」 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです