メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
SUNDAY LIBRARY

上原 隆・評『9条入門』『私のイラストレーション史』

鋭い社会批評の奥には生きることの喜びがあった

◆『9条入門 「戦後再発見」双書8』加藤典洋・著(創元社/税別1500円)

◆『私のイラストレーション史』南伸坊・著(亜紀書房/税別1800円)

 「9条にやられちゃったよ」と加藤典洋さんはベッドの上で力なく笑った。見舞いに行ったときのことだ。この1、2年、加藤さんは憲法9条の制定過程の解明に打ちこんできた。そして、ある日突然、階段を上がるのがつらくなり、病院へ行くと、深刻な病に侵されていることがわかった。入院後に『9条入門』は刊行された。読むと、9条制定に関わるあらゆる資料を渉猟していたことがわかる。9条は、敗戦後、短時日のうちにマッカーサーが考え、日本政府に与えられたものだった。理由は二つ、ひとつは天皇の戦争責任を免罪するため、もうひとつは戦争放棄の理想国という実績をもってアメリカ大統領になるというマッカーサー自身の野心のためだった。しかし、朝鮮戦争がはじまると同時に、その理想は脆(もろ)くも崩れることになった。

 もし、マッカーサーから9条が与えられなかったとしたら、と加藤さんは書く。敗戦時、誰もが「戦争はもう…

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1471文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 日韓外相、元徴用工問題で「意思疎通の継続」一致

  3. 日中韓外相でも日韓が火花 韓国、輸出規制撤回要求 日本「不適切」

  4. 京都市内ホテル 外国人比率、過去最高 上半期の宿泊状況 /京都

  5. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです