メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

三浦 天紗子・評『幸福の劇薬 医者探偵・宇賀神晃』仙川環・著

生命倫理と人の幸せのバランスをどう取るか

◆『幸福の劇薬 医者探偵・宇賀神晃』仙川環・著(講談社文庫/税別640円)

 現在までに、認知症の進行を完全に止める薬や進行した症状を回復させる薬はない。一方では、日本だけでも認知症の患者数が推定500万人といわれる現在、これほど待ち望まれている薬もないわけで、開発されればまさに夢の新薬だ。本書は、そんな画期的な認知症治療薬の開発をめぐる医療ミステリー。

 曙医科大学は、アルツハイマー型認知症の特効薬〈DB-1〉が完成間近だと大々的に喧伝(けんでん)し始…

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文917文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです