メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

本郷 和人・評『秘蔵古写真 幕末』日本カメラ博物館・監修

自分に対してだけでなく時代への責任感があった

◆『秘蔵古写真 幕末』日本カメラ博物館/監修(山川出版社/税別1800円)

 本書は日本カメラ博物館が収集した幕末の古写真を集めたものである。まずは「黒船来航と日本人漂流民」。有名なペリーらとともに「利七」の肖像がある。1850年、江戸を出航したジャンク船・栄力丸は嵐に遭って漂流、アメリカの船に救出されサンフランシスコにたどり着いた。利七は乗組員の一人で、翌年に同地で彼を撮影したものこそが、日本人が被写体となった史上初めての写真である。

 ついで、「海を渡った侍たち」。咸臨丸の遣米使節団、徳川慶喜の弟・昭武を奉じた遣欧使節団、近代日本の…

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文901文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです