メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日リリース

SNSアプリ「俳句てふてふ」 機能を大幅に拡充した正式版をリリース(2019/6/26)

 株式会社毎日新聞社(東京都千代田区、代表取締役社長:丸山昌宏)は、気軽に俳句を楽しめるSNSアプリ「俳句てふてふ」の正式版をリリースしました。昨年11月にリリースしたベータ版(試作版)のデザインを一新。俳句の背景に写真が使えるなど、要望に応えて機能面も大幅にリニューアルしました。

 俳句てふてふは、「俳句を身近に」をコンセプトにしたSNSサービスです。 俳句の投句機能のほか、約2300の季語、ランキング(週間、月間、総合)、「いいね!」獲得数による昇級、投稿俳句の検索機能を備えています。また、著名俳人から選句が受けられるシステムやコンテスト、句会機能なども予定しており、今後も俳句愛好者に満足いただける機能を加えていきます。

○アプリのダウンロードはこちら(現在はiOSのみ。Androidは準備中) https://itunes.apple.com/jp/app/%E4%BF%B3%E5%8F%A5%E3%81%A6%E3%81%B5%E3%81%A6%E3%81%B5-%E6%96%B0/id1440101147?mt=8

 毎日新聞グループには、新聞朝刊の「毎日俳壇」や季刊俳句総合誌「俳句αあるふぁ」、週刊誌「サンデー毎日」連載の「サンデー俳句王」、年1回の毎日俳句大賞といった豊富な俳句コンテンツがあります。今回、スマートフォンアプリに対応した「俳句てふてふ」が完成したことにより、若い人たちを含めた多くの世代に気軽に俳句を楽しんでもらえる環境が整いました。将来は川柳や短歌も視野に入れ、伝統文化がテクノロジーでさらに身近なものとなるよう取り組んでいきます。

■毎日新聞社について

2022年に創刊150年を迎える。毎日新聞紙上で毎日俳壇や毎日歌壇、万能川柳を展開し、国内外から俳句を募るコンクール「毎日俳句大賞」を主催している。

○毎日新聞社のホームページはこちら→https://mainichi.jp/

<本リリースに関するお問い合わせ>

毎日新聞社デジタルメディア局

俳句てふてふ担当

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  4. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです