メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

先輩芸人の誘い断り切れず…ザブングルも謹慎 ナベプロが処分(スポニチ)

[PR]

 吉本興業の芸人が「闇営業」で処分された問題で、ワタナベエンターテインメントは24日、同じ場に参加していたとして、お笑いコンビ「ザブングル」の松尾陽介(42)と加藤歩(44)を当面の間、謹慎処分にすると発表した。

     2人は14年、宮迫や田村らと同じ詐欺グループの忘年会に参加。これを報じた週刊誌の写真にも2人とみられる男性が宮迫らと一緒に写っていた。2人は同社のヒアリングに対し「番組などで日頃お世話になっている他事務所の先輩芸人の方からお誘いをいただき、お断りすることは失礼にあたる」などと判断し、会合に参加したと説明。反社会的勢力の主催との認識はなく、ギャラはその先輩芸人から直接、現金で受け取ったという。

     2人は「確認不足、認識の甘さにより、このようなことになり本当に申し訳ございません」と謝罪している。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

    2. ORICON NEWS 高橋留美子くくりで『全るーみっくアニメ大投票』受付開始だっちゃ

    3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

    4. 特集ワイド 朝鮮語に生きた塚本勲さん、85歳の怒りと執念 隣国理解、まず言葉から 韓国たたきばかりの政治・マスコミ

    5. ミシェル・オバマの生き方に共感広がる 回顧録「マイ・ストーリー」が全世界で1000万部突破

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです