メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

ポスターで若者「確保」 警察、志願者減続き 3K払拭、親世代にもPR

茨城県警

 就職戦線で学生優位の「売り手市場」が続く中、志願者の減少が著しい全国の警察が、ユニークな採用募集ポスターで優秀な人材確保に奔走している。厳しい、危険、怖いといった「3K」イメージが先行しがちだが、採用担当者らは「やりがいやユーモアもある職場だと知ってほしい」とPRする。【高井瞳】

 警察庁によると、全国の警察官採用試験の受験者は2010年度以降、減少が続き、17年度の受験者は8万5531人で、10年度から5万人超減った。人手不足に加え景気回復で民間企業人気が高まり、大変な仕事のイメージが強い警察官は敬遠される傾向にあるという。そんな3Kイメージを払拭(ふっしょく)しようと、趣向を凝らした採用ポスターが次々と登場している。

 愛知県警は今春、人気SFアクション映画「メン・イン・ブラック(MIB)」のシリーズ最新作とタイアッ…

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文1009文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです