メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パウエルFRB議長

「FRB、政治から独立」 トランプ米大統領をけん制

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は25日、ニューヨークで講演し「FRBは政治的圧力から隔離され、独立している」と述べ、金融緩和を迫るトランプ米大統領をけん制した。今後の金融政策については、米中貿易戦争に伴う先行きリスクを指摘し、「成長を持続させるために適切に行動する」と利下げを辞さない姿勢を改めて示した。

 トランプ氏はFRBが昨年実施した4回の利上げに不満を繰り返し、早期利下げを迫っている。23日には米…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文534文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  4. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  5. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです