メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

生物学者・福岡伸一さん 虫好きが心躍らせる坂

 私が教壇に立っている青山学院大学は渋谷と表参道の真ん中にあり、ある意味で、日本で一番おしゃれなキャンパスです。大学はどこで学ぶかと同時に、どんな風光を見ながら通うかも大切。私は東急田園都市線に乗って渋谷駅で降り、宮益坂を上がってキャンパスに向かいます。

 今ごろは街路樹のケヤキが青々として気持ちがいい。秋にはそのケヤキが葉を落としてふわふわに積もる。坂をたどっていると、少年時代から昆虫が好きであり続けたがゆえに、小なりとはいえ生物学者になったと思うことがあります。実は私、幼い頃もこの坂を一生懸命上り下りしていたんです。なぜか? そこがポイントでございます。

 研究室には虫捕り網が置いてありますが、夏だけコンビニで売っているような代物ではありません。チョウチ…

この記事は有料記事です。

残り1472文字(全文1803文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです