メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文芸時評

6月 私のおすすめ 大澤聡(批評家)

(1)今村夏子『むらさきのスカートの女』(朝日新聞出版)

(2)千葉雅也『アメリカ紀行』(文芸春秋)

(3)松浦寿輝『人外(にんがい)』(講談社)

分身としてのわたしたち

 (1)は、近所の人達から固有名ではなく「むらさきのスカートの女」と記号的に呼ばれる風変わりな女の話。その生活を語り手である同性の「わたし」は延々覗(のぞ)き続け、過剰に関与しはじめる。細部と妄想で空虚な記号を充填(じゅうてん)していく過程で判明するのは、「わたし」の方こそ異様だということ。そし…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 120度の高温で生息する微生物群発見 海底下1200メートル掘削調査

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 「自分が冤罪被害とは」事故1年後に逮捕の母 乳幼児揺さぶられ症候群

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです