メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

島唄

ひめゆりの涙 沖縄戦の悲劇、恋歌に込め 元ザ・ブーム、宮沢さん

=幾島健太郎撮影

 太平洋戦争末期の沖縄戦に動員され、女学生ら136人が命を落とした「ひめゆり学徒隊」。その体験を伝える「ひめゆり平和祈念資料館」(沖縄県糸満市)が23日に開館30年を迎えたが、沖縄戦の悲劇と平和への希望を歌った大ヒット曲「島唄」は、作詞・作曲した元ザ・ブームの宮沢和史さん(53)と「ひめゆり」の元学徒との出会いから生まれた。【佐野格、佐藤敬一】

 宮沢さんは山梨県出身。1991年、沖縄の戦跡を回ろうと考え、足を運んだのが資料館だった。そこで初め…

この記事は有料記事です。

残り849文字(全文1072文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  4. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  5. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです