メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

被災者癒やすヒツジたち 津波受けた集落跡地の牧場 岩沼 /宮城

 東日本大震災で津波の被害を受けた岩沼市で、牧場のヒツジたちが復興に一役買っている。被災した集落跡地に整備された「いわぬまひつじ村」の32匹が、雑草が茂るのを防ぎつつ、被災者に元気を与えている。

 「ママ、えさを食べてくれた」「食いしん坊だね」。4月21日に開かれた交流イベントには約700人が集まり、子どもたちがヒツジに餌をあげ、楽しそうにはしゃいでいた。

 ひつじ村があるのは、津波で壊滅した集落の跡地。公益社団法人青年海外協力協会が2015年、除草目的で…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文629文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  3. 風知草 韓国に「NO」という意味=山田孝男
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです