メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雪室

寝かせた日本酒を蔵出し 羽後・菅原酒店 /秋田

雪室から日本酒を運び出す菅原弘助代表(手前)ら=秋田県羽後町で

 羽後町田代の菅原酒店(菅原弘助代表)で今年も雪室(ゆきむろ)で眠らせた日本酒の蔵出し作業が行われた。豪雪地帯にあっては厄介者の雪の存在を逆手に取り、うまい酒造りに生かす「利雪」という取り組みだ。25年目の今年もうまい酒ができた。

 羽後町の山間地にある田代地区は積雪が2メートルを超える。冬の生活は厳しく、雪解けも遅い。そんな厄介者の雪だが、菅原代表は「雪のない土地にはまねのできないことをしよう」と25年前から雪室での酒造りに取り組んできた。

 縦横2メートル、奥行き6メートルのコンクリート製の巨大な貯蔵室を自宅裏庭に設置。これに高さ約6メー…

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文778文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉本興業東京本部に爆破予告 社長会見前に110番
  2. ザギトワ選手 首相にマサルのぬいぐるみ 官邸表敬
  3. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  4. 1代限り性風俗店許可 死亡隠し営業続ける 風営法違反容疑で逮捕
  5. 新潟・上越市でも山田太郎氏の票少なく 選管「開票は適正」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです