国立市議会

「辺野古移設中止を」 陳情受けた意見書可決 /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国立市議会に沖縄基地問題について陳情した元山仁士郎さん=東京都国立市で
国立市議会に沖縄基地問題について陳情した元山仁士郎さん=東京都国立市で

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題で、国立市議会は25日の本会議で、沖縄県民投票の結果を尊重し、新基地工事を即時中止するよう求める意見書を賛成多数で可決した。「『辺野古』県民投票の会」代表の元山仁士郎さん(27)の陳情を受けたもので、近く安倍晋三首相や衆参両院議長などに意見書を送る。

 意見書は「公正な民主主義にのっとり沖縄県民の民意に沿った解決を緊急に行う必要がある」と指摘した。その上で、辺野古新基地建設に伴う埋め立ての賛否が問われ反対が多数を占めた県民投票の結果を尊重すること▽辺野古への新基地工事を直ちに中止し、普天間飛行場を運用停止すること▽全国の市民が米軍基地が必要かどうか当事者意識を持ち国民的議論を行うこと--などを求めている。

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文469文字)

あわせて読みたい

ニュース特集