メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国立市議会

「辺野古移設中止を」 陳情受けた意見書可決 /東京

国立市議会に沖縄基地問題について陳情した元山仁士郎さん=東京都国立市で

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題で、国立市議会は25日の本会議で、沖縄県民投票の結果を尊重し、新基地工事を即時中止するよう求める意見書を賛成多数で可決した。「『辺野古』県民投票の会」代表の元山仁士郎さん(27)の陳情を受けたもので、近く安倍晋三首相や衆参両院議長などに意見書を送る。

 意見書は「公正な民主主義にのっとり沖縄県民の民意に沿った解決を緊急に行う必要がある」と指摘した。その上で、辺野古新基地建設に伴う埋め立ての賛否が問われ反対が多数を占めた県民投票の結果を尊重すること▽辺野古への新基地工事を直ちに中止し、普天間飛行場を運用停止すること▽全国の市民が米軍基地が必要かどうか当事者意識を持ち国民的議論を行うこと--などを求めている。

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  2. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです