メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

御嶽山頂

木曽町、今季の規制緩和 来月1日~10月16日 /長野

初めて規制緩和が行われた昨秋、多くの登山者が御嶽山の頂上に登った=長野県木曽町で2018年10月8日

 死者・行方不明者63人を出した噴火災害以来、御嶽山の山頂で続けている立ち入り規制について、木曽町は25日、7月1日~10月16日に緩和すると発表した。町は今シーズンの安全対策が整ったとしているが、「活火山であることを忘れないでほしい」とし、登山者には必ずへルメット持参と登山計画書の提出を呼び掛けている。【小川直樹】

 町は昨年、登山道整備や90人収容のシェルター設置など山頂部の安全対策を行った。その上で、噴火災害追…

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです