メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小笠原氏

再評価進む 家康宛て書状で処世術あらわ /長野

 信濃国(長野県)の守護などを務めた小笠原氏の再評価が進んでいる。長年続いた名門の割に地味な印象で、武田信玄に信濃を追われた受難の過去もあるが、昨年、徳川家康に取り入るために策を巡らせていたことを示す書状が見つかった。専門家は「乱世を生き抜くための処世術にたけた非凡な一族だったことが分かってきた」と話す。

 清和源氏の流れをくむ小笠原氏は鎌倉時代以降、信濃での影響力を強めた。一時は没落するが、江戸時代には…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  3. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

  4. 用水路の水、ぜんぶ抜こうとしたら…ブラックバス釣り人から抗議殺到 茨城・潮来

  5. テレ東「池の水ぜんぶ抜く」 東日本大震災での護岸崩壊も判明 茨城・潮来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです