メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知財相談

大阪発明協会・昨年度、全国最多6330件 商標権問題深刻に /大阪

 知的財産(知財)についての相談が増えている。一般社団法人「大阪発明協会」(大阪市北区)の知財総合支援窓口で受けた相談件数は6330件(2018年度)で、都道府県別で全国最多だった。特にトラブルになりやすいのは「商標権」。商品名を示すロゴマークなどが該当するが、どのような危険が潜むのか、協会に聞いた。【福田隆】

 知財には▽新しい技術などの特許権▽物の構造や形状などの実用新案権▽デザインなどの意匠権▽製品や包装に表示するロゴマークなどの商標権--などがある。協会によると、18年度の相談件数は前年より793件増加。種類別では「商標」の割合は17年度の40%から18年度上半期は42%に増え、トップを維持してきた「特許」関係に並んだ。

この記事は有料記事です。

残り908文字(全文1225文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです