メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飯塚山笠

「進化元年」 来月7日、わっしょい祭り 15日「追い山」今年は祝日に /福岡

 飯塚市の夏祭り「市民祭 飯塚山笠(やまかさ)」は30日深夜の「お汐井(しおい)取り」で開幕する。元号が改まったのにちなんでキャッチコピーを「進化元年」とした今年の祭りは、祝日「海の日」と重なった7月15日夕の「追い山」でクライマックスを迎える。【平山千里】

14日「子ども山笠大会」商店街駆け抜ける

 五つの流(ながれ)は23日までに本部を設営。市中心部には各流ののぼりが立てられ、祭りのムードを盛り上げている。

 祭り期間中の安全を祈願するお汐井取りは30日午後11時半、市役所で出発式。1日午前0時より同市多田の日若神社で神事の後、そばの汐井川から砂を持ち帰る。

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文1013文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです