内閣不信任案

否決 参院選、来月21日確定

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院本会議で内閣不信任決議案が与党などの反対多数で否決され一礼する安倍晋三首相(右端)ら閣僚たち=国会内で2019年6月25日午後3時47分、川田雅浩撮影
衆院本会議で内閣不信任決議案が与党などの反対多数で否決され一礼する安倍晋三首相(右端)ら閣僚たち=国会内で2019年6月25日午後3時47分、川田雅浩撮影

 衆院は25日、立憲民主党、国民民主党など野党5党派が共同提出した内閣不信任決議案を自民、公明両党と日本維新の会などの反対多数で否決した。通常国会は会期末の26日に閉会することとなり、公職選挙法の規定により、参院選は「7月4日公示、同21日投開票」の日程で行われることが事実上確定した。政府は26日に閣議決定する。

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文679文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい