メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍横田基地

流出事故134件 燃料など 通報3件のみ

横田基地

 在日米軍司令部がある米軍横田基地(東京都福生市など)で、2010~17年に航空機のジェット燃料が流出するなどした事故が少なくとも134件起きていたことが毎日新聞が入手した米軍の内部資料から判明した。このうち外務省に通報があったのは3件しかなかった。日米両政府は環境事故について情報共有の基準作りを進めてきたものの、依然として基地内で起きた事故のほとんどを日本側が知ることができない実態が浮き彫りになった。米軍側は流出の大部分はすぐに除去され、人への脅威はないとしている。【川上珠実】

 米国の情報公開制度を使って入手した横田基地の資料を調べたところ、12年2月にタンクからディーゼル燃料734ガロン(約2770リットル=1ガロンを米国基準の約3・78リットルで換算)▽16年9月に飛行中のC130輸送機からジェット燃料20キロポンド(約9000キログラム)--がそれぞれ流出するなど具体的な内容が確認できた事故が134件に上った。10ガロン以上が流出した事故(流出量不明分を除く)は4…

この記事は有料記事です。

残り1294文字(全文1736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです