メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

米国の国民的ニュースキャスター、W・クロンカイトは特番撮影で…

[PR]

 米国の国民的ニュースキャスター、W・クロンカイトは特番撮影で歌手のF・シナトラにずばり聞いた。「マフィアとの関係についてどう答えますか」。シナトラとマフィアの深い関係は公然の秘密だった▲「(取材は)これまでだ」とシナトラは席を立つ。今までもこの質問が出ると取材は打ち切られるのがならいであった。しばらく隣室で怒鳴る声が聞こえた後に、シナトラは友人でもあったクロンカイトの前に再び戻ってきて語った▲「出演するナイトクラブの経営者と会ったり、一緒に写真を撮ったりはするが、彼らとマフィアの関係など知る由(よし)もない。それを皆が信じるかどうかなど気にしない」。彼の貴重な“公式見解”だが、信じる人はほとんどいなかった▲客が詐欺集団だと知らなかったという芸人たちの釈明を信じないとは言わない。しかし、否定していた金銭の授受が判明したところでシナトラの弁明を思い出したのも仕方なかろう。吉本興業などの芸人らの闇営業と謹慎処分である▲過去には興行などにおいて暴力団など反社会的勢力に依存してきた芸能界である。今回は5年前の話だが、客が特殊詐欺の組織だというところに時代がうかがえる。闇世界へと仲間を引き込んだ仲介役の罪は深いといわねばならない▲テレビで名の売れていた芸人の責任も大きいが、所属事務所も闇営業の被害者顔をしていてはなるまい。組織を用いた闇の誘惑やワナから所属芸人を守る社会的責任も課せられている「お笑いの総合商社」だ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです