メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

食品ネット通販広がるの? 共働き世帯ニーズ高く スーパーとの提携増加=回答・宮崎稔樹

日本の食品市場におけるEC化率の推移

 なるほドリ インターネット通販で野菜や肉が買えるようになったね。

 記者 ネット通販大手のアマゾンジャパンは今年5月、生鮮食品分野を強化するため首都(しゅと)圏(けん)を中心に273店舗を展開する食品スーパー大手のライフコーポレーションと提携(ていけい)すると発表しました。年内に東京都内の一部で、アマゾンの「プライムナウ」という有料会員を対象にアマゾンのサイト上でライフが販売する生鮮食品を配達します。ライフの店舗が商品を用意し、アマゾンの配達員が配達。注文から最短2時間で届くそうです。

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです