メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

政治家の資質

政治評論家・森田実さん

 丸山穂高衆院議員が訪問先の北方領土で泥酔したうえ、領土を取り返すには「戦争をしないとどうしようもなくないですか」などと発言、衆院で糾弾決議を可決された。参院選に立候補予定だった長谷川豊氏は差別発言で出馬を断念。桜田義孝前五輪担当相は「最低3人出産」発言などで批判された。政治家としての資質を問われる失言や失態が繰り返されるのはなぜだろうか。

この記事は有料記事です。

残り4340文字(全文4511文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです