メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

アマゾンは出版業界の脅威か 「外来種」の活力生かせ=山口敦雄(東京学芸部)

アマゾンの流通を担う巨大な倉庫=千葉県市川市のアマゾン市川フルフィルメントセンターで、2018年9月、山口敦雄撮影

 ネット通販大手のアマゾンジャパン(東京都目黒区)が今年2月、出版社から本や雑誌を直接購入し販売する「買い切り」方式を年内にも試験的に始めると発表した。書店が取次会社を通して本を仕入れ、返品もできる従来の出版流通が大きく変わることになり、出版業界に波紋を広げている。また、売れ残った本を値下げ販売する検討も始めたことから、本の価格を維持してきた再販売価格維持制度(再販制度)の形骸化を懸念する声も上がっている。アマゾンの方針は出版流通を破壊し、長期の不況下にある日本の出版業界にとって新たな脅威になるのだろうか。

 現在、学芸部で書評面「今週の本棚」を担当する私の前職は、出版局の書籍編集である。その当時、「キンド…

この記事は有料記事です。

残り1707文字(全文2013文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  5. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです