メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジョージア・露

緊張再燃 抗議運動/直行便停止

ジョージアの議会前で開かれた集会に、国旗を掲げ参加する野党支持者=トビリシで2019年6月24日、AP

 旧ソ連のジョージア(グルジア)では、ロシアの下院議員がジョージア議会で演説したことが発端となり、政府への抗議運動が起こると共に反露感情が高まっている。ロシアも7月上旬からジョージアとの直行便の運航停止を決めるなどの対抗措置に乗り出し、2008年に戦火を交えた両国の間で緊張の再燃が懸念されている。

 ジョージア議会では今月20日、キリスト教東方正教会に関連した会合が開かれ、議長を務めたロシア共産党のガブリロフ下院議員が議長席に座り発言した。ジョージアでは以前から与党「ジョージアの夢」がロシアに融和的だとみられており、反発した国民が議会に押しかけ、警察との衝突が起こり、約240人の負傷者を出した。混乱の責任を取っ…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  5. 皇室 即位礼正殿の儀 天皇陛下のおことば

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです