メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

中国で進むごみ分別 上海支局・工藤哲

 上海では7月1日から、ごみ分別を徹底させる条例が正式に施行される。これに先立ち、今年から市民が各地で分別に取り組んでいる。朝7~9時と夜6~8時、自宅マンションの一角に毎日、人だかりができる。ベストを着たボランティアが住民が持参するごみの分別を手伝っているのだ。

 条例は、各家庭で「生ごみ」(食品)、「乾いたごみ」(紙類)、「リサイクル」(瓶や衣類)、「有害」(電池)の主に4種類に分けて捨てる内容。ボランティアが置き場で部屋番号を記録…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文548文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです