メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リクシル

株主総会 CEOに瀬戸氏復帰 取締役選任、会社側案を一部否決

株主総会後の記者会見で握手を交わす松崎正年氏(左)と瀬戸欣哉氏=東京都内で2019年6月25日午後7時54分、宮崎稔樹撮影

 住宅設備大手のLIXIL(リクシル)グループが25日開いた定時株主総会で、前社長兼最高経営責任者(CEO)の瀬戸欣哉氏ら株主による取締役選任議案が可決され、取締役の過半数を確保。瀬戸氏はCEOに復帰した。瀬戸氏と対立する会社側の取締役選任案は一部が否決され、瀬戸氏側の実質勝利となった。経営の正常化や業績の回復に向けて、新経営陣が一枚岩となれるかが問われる。【石田宗久、宮崎稔樹】

 「リクシルに戻って来られてうれしい。もう一度スターティングポイントに立たせてもらった以上、必ず勝てる会社にしたい」。株主総会後の取締役会などでCEOへの返り咲きが決まった瀬戸氏は、記者会見で意気込みを語った。

この記事は有料記事です。

残り1089文字(全文1385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. バイデン大統領が直面する困難な戦い 「事実を重んじる社会の再生」

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです