メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三菱重工業

ボンバル事業買収 小型旅客機、590億円で

 三菱重工業は25日、カナダの航空機大手ボンバルディアの小型ジェット旅客機「CRJ」事業を2020年上半期までに5億5000万ドル(約590億円)で取得すると発表した。ボンバルディアの約2億ドルの債務も引き受ける。三菱重工は国内初のジェット旅客機「スペースジェット」(旧称・三菱リージョナルジェット)の20年半ばの初納入を目指しており、ライバル機の買収で事業基盤を強化する。

 三菱重工によると、取得するのはCRJの販売や顧客サービス、機体の保守事業など。製造事業は対象外でボンバルディアはすでに受注している旅客機の製造を20年末までに終了する見通しという。

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  5. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです