メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三菱重工業

ボンバル事業買収 小型旅客機、590億円で

 三菱重工業は25日、カナダの航空機大手ボンバルディアの小型ジェット旅客機「CRJ」事業を2020年上半期までに5億5000万ドル(約590億円)で取得すると発表した。ボンバルディアの約2億ドルの債務も引き受ける。三菱重工は国内初のジェット旅客機「スペースジェット」(旧称・三菱リージョナルジェット)の20年半ばの初納入を目指しており、ライバル機の買収で事業基盤を強化する。

 三菱重工によると、取得するのはCRJの販売や顧客サービス、機体の保守事業など。製造事業は対象外でボンバルディアはすでに受注している旅客機の製造を20年末までに終了する見通しという。

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. 東京で新たに561人の感染確認 2日連続で500人超 新型コロナ

  3. 気づいたら缶ビール30本 コロナ禍でアルコール依存悪化 断酒会開けず

  4. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです