日銀

決定会合 「海外踏まえ」金融緩和継続 4月議事要旨

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日銀は25日、4月24、25日に開いた金融政策決定会合の議事要旨を公開した。何人かの委員が、海外経済の不確実性を踏まえて金融緩和を続けていく姿勢を明確にすべきだと指摘したことが明らかになった。

 この日の会合で日銀は、金融政策の先行きを予告するフォワードガイダンス(先行き指針)を修正。短期金利をマイナス0・1%、長期金利を0%程度に抑える緩和策について、「当分の…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

あわせて読みたい

注目の特集